シンプルスキンケアとは

私たちの肌は、本来自らの力でキレイになる力を持っています。その力を弱めてしまっている原因の一つが、外部からの過度なスキンケアです。

肌は外部からの過剰なケアをされると、自分の力でキレイになることをサボります。例えば、外部から保湿成分が与えられるのであれば、内部でわざわざ保湿成分を作る必要がないので作らなくなる、というわけです。

また、私たちが普段何気なく使っている化粧品には、防腐剤、安定剤、(合成)界面活性剤、着色料、香料などが含まれていますが、これらはどれも肌に負担をかけるものばかりです。肌の保湿の補助などの役割をしてくれますが、引き換えに与えられる化学物質による肌への負担は、無視できるレベルのものではありません。

ケミカル化粧品には美しい肌を作り出す力はありません。本来は、不足しているものを補うためのものなのです。

シンプルスキンケアとは、「肌に負担をかける化粧品」の使用をなるべく抑えて、肌本来の美肌再生能力を引き出すスキンケア方法です。

理想的な方法

朝の洗顔 : ぬるま湯だけで十分です。たっぷり泡立てた石鹸を軽く使っても良いですが、洗いすぎは禁物です。

化粧水 : オイルフリー、界面活性剤フリー、出来るだけシンプルなものを使用します。

オイル : 乾燥が気になる場合に使用。保湿クリームは肌に負担をかける場合が多いです。

薄化粧 : ファンデーションはパウダータイプを使用します。リキッドは仕上がりは良いですが肌への負担が大きいです。UVは肌に負担を与えますが紫外線を浴びるよりはよいので、弱いものをこまめに塗ります。

クレンジング : 肌に負担はかかりますが、薄化粧の為、軽くですみます。シート状の拭き取るタイプは絶対にNGです。

洗顔 : 純石鹸、もしくは洗顔用石鹸を泡立てネットでたっぷりと泡立てます。洗顔フォームは肌の負担になるので、おすすめしません。

化粧水 : オイルフリー、界面活性剤フリー、出来るだけシンプルなものを使用します。

オイル : 乾燥が気になる場合に使用します。保湿クリームは肌に負担をかける場合が多いです。

「無添加」、「自然派」、「ノンケミカル」のなど表示には、きちんとした基準が無い為、例えどんな添加物が入っていようとも、メーカーが無添加といえば無添加です。ですが、メーカーごとに独自の基準を設けてある場合が多いので、積極的に選んで問題ありません。

界面活性剤は肌のバリア機能を低下させます。化粧水など、肌にずっとつけておくものは界面活性剤の入っていないものを選びましょう。乳液には必ず入っていますので、問題外です。使ってはいけません。

美容液やオイルは、必要に応じて使います。

UVは、外出時には欠かせません。SPFやPAは、値が大きいほど効果が持続しますが、肌への負担が大きいです。ほどほどの値のものをこまめに塗りなおすのがベストです。

普段は洗顔のみでメイクは時々。コスメの使用はなるべく抑えるのがベストです。なかなか難しいですが、十分に可能です。

洗顔

シンプルスキンケアは続けると確実に効果が出ます。しばらく続けると、何もつけなくても自然にしっとりと潤ってくるようになります。

ですがケミカル化粧品で弱ってしまった肌には、やり始めはかなりキツイです。我慢できずにくじけてしまう方が多いようです。

シンプルスキンケアが良いとわかっていても、
「スキンケア → 肌が弱る → 過度なスキンケア
→ 更に肌が弱る → 更に過度なスキンケア」
の悪循環からはなかなか抜け出すことが困難です。

プラセンタの持つ、内側から肌を再生する力は、外側の過度なスキンケアを控える時の手助けとなります。

このページの先頭へ