プラセンタの原料について

プラセンタの原料は、哺乳類が妊娠中にお腹の赤ちゃんに栄養を与えるための器官である胎盤です。動物が出産後に体外に排出する胎便を、プラセンタの原料として有効利用するのです。

動物の種類も色々ありますが、プラセンタには主に豚や馬の胎盤が使用され、現在市場に流通しているプラセンタのほとんどが、豚か馬のいずれかです。

 

豚と馬、どちらがいい?

豚プラセンタと馬プラセンタ、どちらを選ぶべきか迷う方が多いと思いますが、これには正解がありません。

大切なのは、どんな動物の胎盤か?ではなく、どのように育てられたか?です。良い環境で大切に育てられた動物の胎盤を使用することで、優れた効果を持つプラセンタサプリを生産できます。

豚プラセンタ

豚特に市場に多く流通しているのが、豚のプラセンタです。豚は食肉用として大量に生産されているからです。

しかし、豚舎に詰め込まれて、ただ大きく育てられ出荷されるような大量生産の豚からは、良質なプラセンタは得られません。低価格なプラセンタの多くは、このような豚の胎盤を使用しています。

プラセンタ100に使用されている原料は、デンマーク産の豚です。デンマーク産の豚やSPF豚は、飼料や飼育環境、飼育方法などを厳しく管理して育てられています。有効成分を豊富に含むプラセンタを作るのに適した原料です。

馬プラセンタ

馬馬プラセンタの特徴は、アミノ酸含有量が多い事です。価格は豚プラセンタと比べるとやや高めですが、一般的には豚よりも品質が高い場合が多いです。

より高い効果を望む方には馬プラセンタが選ばれています。品質が高く効果を実感しやすいため、近年人気が高まってきています。

馬プラセンタを選ぶときは、サラブレッドが原料に使用されているものを選ぶと良いでしょう。


プラセンタについて

このページの先頭へ